犬のしつけでクリーカートレーニングってどうなの?

犬のしつけでクリーカートレーニングってどうなの?

クリーカーとは

 

 

最近は犬のしつけにクリッカーという音がなる小道具が使われるようになりました。
言葉でしつけるよりも犬に伝わりやすく、しつけもしやすいことからメディアに取り上げられています。

 

クリーカートレーニングって実際どうなの?

 

実際に使った事のある人の中には、結構挫折している人が多いのも事実です。クリッカーを使ったしつけというのは、クリッカーとご褒美とタイミングがセットになって始めて可能となります。

 

クリッカーを鳴らすのは誰でも出来ます。ご褒美を犬にあげるのも誰でも出来ます。問題はタイミングです。

 

たとえばお座りをクリッカーでしつけたい場合、座るまで待って、そのタイミングでクリッカーを鳴らし、そしてご褒美をあげる、その繰り返しです。
しかし、クリッカーを鳴らすタイミングが遅くなったり早くなったり、ご褒美をあげるのがクリッカーと同時になったりと、タイミングを合わせるのが難しいく。タイミングがきちんと合わないと犬にはメッセージが伝わらず、しつけになりません。

 

犬はクリッカーの音とその瞬間に行っている動作、そしてご褒美を一つの流れで理解し。それがばらばらだだと何が何だか理解できずにしつけにはなりません。クリッカーを使いこなすなら、まずは、飼い主がクリーカートレーニングについて理解しておく必要があり。理化した上で取り入れる事でしつけを行う上で効果が発揮しやすい道具と言えるでしょう。