飼い犬のトイレのしつけには時間をかける

飼い犬のトイレのしつけには時間をかける

子犬の時から飼い始めると、いろんな意味で新しい事ばかりになります。

 

特にトイレのしつけなどは毎日の事だからこそ、気になってくることです。飼い主さんの気持ちが入りすぎていて、トイレのしつけをしたらすぐに出来るようになると思う人もいますが、実際には何カ月もかかる事もよくある事です。人間でもそうですが、トイレは生理的欲求なので、自然にトイレが出来るようなしつけをしないと、後でしつけをするのは大変です。

 

トイレに失敗して怒られてしまうと、トイレ自体が怖くなって我慢する様になったり。トイレを我慢する様になると膀胱炎などの病気になったりする事もあるので注意が必要です。また、ソファーの下やテーブルの下といった人の見えないところでトイレをするようになることもあります。

 

トイレのしつけで最も大切なことは【ほめて覚えさせる】決められたところでトイレをした時に思いっきりほめてあげる。トイレじゃない所でした時は犬に構わずさっさと片付けをしてしまう事です。こうする事によって、犬は「おしっこをトイレでしたら、ほめてもらえる。遊んでもらえる。」と頭で理化し次もここでしようと思うようになります。これが徐々に習慣になっていくようになります。

 

飼い犬のトイレのしつけは焦らずにじっくり時間をかけましょう。ほめて覚えさせる。これがトイレのしつけの鉄則です。