犬のしつけ、ドライブは適度な休憩を

犬のしつけ、ドライブは適度な休憩を

かわいい愛犬と一緒にドライブに行けたらどんなに楽しいかと思う飼い主は多いです。犬にとってドライブというのは、ストレスを感じる事が多いと言えるでしょう。犬にとってはドライブは非日常的なもので車も、犬を乗せて走行するようには設計されていません。ドライブを快適に実現させるためには、まず愛犬に車になれてもらう事が大切です。

 

動かない車に慣れさせる、車の中に慣れてきてから走行中の車に乗るようにします。はじめて乗車する時は、必ず犬の面倒を見る人を同行させておきましょう。(車が動いた事によってビックリして興奮する犬もいます)いきなり長時間のドライブに連れていくのなるべく避け、車に慣れてきた犬で合っても、適度に車の外に出して休憩させてあげるようにしましょう。犬にとって予想できない動きを車がする事によって犬は疲労を強く感じる事があるそうです。

 

必ず守らなくてはいけない事があります。
愛犬とドライブに出る際はゲージや、シートに犬を固定するものを使って、もしもの時の準備をしておく必要があります。愛犬をシートに固定せづに運転をする事は非常に危険です。犬にとって左折や右折の予期は難しいもので、急ハンドルや急発進、様々なシーンで思いもよらないトラブルが発生し事故につながるケースもあります。
ドライブ中は静かにしていないといけないと愛犬に認識させる事が犬のドライブ【しつけ】の重要な事です。

 

ドライブ中の【しつけ】というものは犬をというより、私達、飼い主が気をつけ無くてはいけない事がおおいのです。