愛犬が喜ぶおいしいドッグフードって何?

愛犬が喜ぶおいしいドッグフードって何?

ドッグフードの市場は非常に活気があります。種類も豊富ですし、どれもこれも「おいしい」を売り物にしています。中には犬の病気に対応した食事療法的なドッグフードもあります。しかし、これらのドッグフードが本当においしいかどうかはまた別の話です。人間が食事をするときに、最もおいしいと感じるのは、その素材が新鮮なこと、更には化学調味料などが使われていない事があげられます。つまり体が吸収しやすい状態の料理がおいしいと感じるわけです。ドッグフードにはいろいろなタイプがありますが、問題はその素材です。ちゃんと中身をチェックしている人も多いと思いますが、素材の鮮度はどうなってるか分かりませんよ?それはドッグフードというものは人間が食べるものではないので、基準が無く何でも素材に出来るからです。ドッグフードの基本は肉ですが、どんな肉が使われているのでしょうか。決して人間が食べる牛肉ではありませんよ。人間が食べる牛肉ではないという事は、その鮮度や品質は想像ができます。このように考えると本当においしいドッグフードというのは、やはり人間の食べているもの、人間がおいしいと感じるものです。加工品などはだめですが、きちんとした食事を食べている家庭なら、その残り物がもしかしたらもっともおいしいドッグフードかもしれませんよ。