犬の噛み癖

犬の噛み癖

犬の噛み癖はいろんな場面で問題になりやすいので、飼い始めの頃にしっかりと対応したいものです。子犬の頃に噛んではいけないというしつけがしっかりとできている、犬は成犬になっても困らないし、トラブルになる事も少なくなります。何事も最初が肝心ですね。

 

子犬の頃には甘噛みといって歯が生え替わる頃にいろんなものを噛んだりします。この頃にしっかりと噛むことに関して善し悪しを「しつける」事が第一歩です。噛んで良いものと悪いものを区別させる事が重要です。犬にとって噛んで良いものと悪いものの区別はなく、それを教えるのは飼い主であるあなたの役目なのです。

 

噛むしつけというのは、犬にとって噛んで良いものと悪いものの判断をしっかりさせる、ということですから不用意に怒らずに、状況を冷静に判断しながらしつけると効果的です。