犬と散歩する時はしっかりとしつけもする

犬と散歩する時はしっかりとしつけもする

犬を飼い始めると、散歩をすることが日課になってきます。室内犬でも同様です。散歩が必要な理由はいくつかありますが、やはり犬の社会性を作り出すということと、散歩自体がしつけの一部でもあるということです。

 

つまり、犬の運動のためだけではないってことです。犬を散歩させるときは、犬だけでなくその周辺の安全性も確保しなければなりませんし、そのことを犬に理解させるためのしつけが必要になります。特に散歩では飼い主と犬との主従関係がとても重要で、犬に引っ張られるような状況は避けたいものです。犬の運動になるからこれで良いと思う人もいると思いますが、犬が好きに行動することは、リードが外れたときにトラブルの元になります。また、そもそも犬自体が突然の行動で事故に会う可能性も高いので、やはりしつけはしっかりとする必要があります。散歩のしつけで基本となるのは、飼い主と共に歩かせるということです。

 

前を歩かせるのではなく、横を歩かせるということですね。横を歩くと言う事は、犬が飼い主に合わせているということです。この横を歩くと言う状態が最も良い状態という風に理解させるには時間がかかりますが、しつけをしっかりしないで出会ってしまう事故などに比べれば楽なものです。犬と周辺の安全を考えるなら散歩のしつけは必須です。