犬が吠えることに関するしつけは注意して行う

犬が吠えることに関するしつけは注意して行う

犬が吠えるというのはいろんな面で人に迷惑をかけることがあります。飼い主は気がつかなくても、周り近所からは「ちゃんとしつけをして欲しい」と思われていることも良くあります。

 

犬が吠えること自体は、犬にとって意味がある事なのですが、問題は今吠えて良いのかどうかという判断をさせる必要がある、そういったしつけが必要、という事です。吠えることは犬の習性だからと何もしなければ、犬のしたい放題でしつけにもなりません。

 

また逆に、何でもかんでも吠えたら叱る、というやり方もしつけではありません。犬が静かになってしまうということは、もし何かあったときに何の役にも立たないですし、必要なことですら我慢する可能性があります。必要な事というのは、体調が悪い時、何かを求めている時などです。

 

犬は吠えることで意思の疎通を図ろうとしますが、吠えることを我慢させるということは、意思の疎通を拒否していることになり、大変なストレスになります。犬が吠えることに関して必要なしつけとは、犬に分別をつけさせることであり、意思の疎通を拒否することではありません。

 

人間の都合ももちろんありますが、犬を飼うのであればしっかりと共存できるようにしつけてやることはとても大切なことです。