犬の留守番の【しつけ】とは

犬の留守番の【しつけ】とは

犬を飼い始めると必ず出てくるのが留守番の【しつけ】です。どうしても四六時中一緒に居ることなど出来ませんし、家族が多い場合でも物理的に無理が出てきます。そのため、犬を飼い始めるとすぐに留守番の問題をどうするか、どう、【しつけ】るかで悩むと思います。

 

この、しつけを間違えると犬のためにもならないですし、飼い主も辛い想いをします。特に留守番を【しつけ】るときに難しいケースとしてあるのが、愛情たっぷりで可愛がり過ぎた場合です。犬にとって常に人間と一緒にいるのが普通の状態で長い間過ごすと、飼い主がいなくなる、視界から見えなくなるということがとてもストレスになります。しかしそうは言ってもどうにもならないので、少しずつ留守番をすることに慣れてもらうようにします。

 

留守番のこつとしては、飼い主や人間がいない事に対して、大きな不安を持たせないように【しつけ】ることが重要です。普通、家に居るときに別の部屋に行く場合などで、犬に対してそんなにかまったりしないと思います。これを応用して、外出時も他の部屋に行くのと同じような感じで行動します。この行動を繰り返すと、犬自身も人間の行動パターンが理解できるようになってくるので、寂しがって泣いたりしなくなります。寂しいから泣くのですから、その点を上手にしつけてあげると、人間も犬も留守番、上手になりますよ。